内科・消化器内科(内視鏡)・外科(肛門)
かんの消化器科外科医院
〒960-8202
福島県福島市山口字雷20番地
TEL: 024-533-3801

もちずり停留所より徒歩5分。

もちずり停留所より徒歩5分。

クリニック案内

医院名
かんの消化器科外科医院
院長
菅野鑑一郎
住所
〒960-8202
福島県福島市山口字雷20番地
診療科目
内科、消化器内科(内視鏡)、外科(肛門)
電話番号
024-533-3801

ご予約・ご相談

ご予約・ご相談

「どんな治療法があるの?」
「治療にかかる期間は?」

疑問に思う事、何でもご相談ください。
お電話または、お問合せページより承っております。

TEL 024-533-3801

お知らせ

 水痘ワクチン(帯状疱疹ワクチン)について

水痘ワクチンを扱っています。(予約必要、50歳以上の方)

ノロウイルス感染症について

激しい嘔吐、下痢症状のノロウイルス感染症が外来に見られています。

ご注意ください。

外来で検査キットによる診断ができます。

(3歳未満、65歳以上は保険が適応になります。)

 

市民検診のお知らせ
   

  

 食中毒に注意

・外来で食中毒の患者さんが時々みられます。食中毒の原因として病原性大腸菌の場合が

あります。

大腸菌はふつう病原性を持っていませんが腹痛、下痢がある時には病原性大腸菌を疑い便培養し、病原性大腸菌の有無と病原性大腸菌が検出されれば追加検査で毒素産性(VT検査)の確認が必要です。

・病原性大腸菌はその菌の血清型の組み合わせにより多数あり、重篤な症状をおこす大腸菌ベロドトキシン毒素(VT)を産生することもあります。有名なものにO157があります。O157がすべて毒素を産生するとは限りませんが、O157は保健所へ届け出の義務があります。O157以外の病原性大腸菌でも腹痛、下痢の他、血便やベロ毒素(VT)による尿毒症や脳炎を起こすことがあります。この場合は腸管出血性大腸菌類に分類され直ちに保健所へ届け出の義務があります。当院ではO26O103O111O157の腸管出血性大腸菌症を経験しています。最近でも家族内発症の腸管出血性大腸菌症が見られました。

・治療は普通の抗生剤では効果なく、抗菌剤を使用します。

・予防は経口感染ですのでジビエ、牛肉等食する時は過熱殺菌したものにする事、また手洗い、便器やノブの消毒、調理器具の洗浄、消毒等行う事です。

※ 食中毒に注意しましょう。


当院のB型、C型慢性肝炎の検査と治療について

☆当院では、B型及びC型ウィルス性肝炎の検査、治療、フォローアップを行っています。

(当院は県の肝炎ウイルス検査業務委託医療機関です。)

県の肝炎ウイルス検査費助成について

B型とC型ウイルス肝炎は、早期発見及び早期治療により、肝硬変や肝がんへの進行を防ぐことができ、治療できる病気になっています。
本県では、一定の検査対象者を決め肝炎リスクのある検査対象者に対しては指定医療機関での肝炎ウイルスの検査を勧め、助成をしています。


【検査対象者】 詳しくはこちら≫

【検査理由】 詳しくはこちら≫

肝炎精密検査費用助成について

〇福島県では、以下の機密検査費用を助成しています(医療機関に支払った費用を県へ請求)。

初回機密検査……県または市町村、職域の肝炎ウイルス検査の結果が陽性であった方が、
 その後初めて医療機関で受ける機密検査。
定期検査……肝炎ウイルスの感染を原因とする慢性肝炎・肝硬変・肝がんで療養中の方が、
 病状把握のために定期的に医療機関で受ける精密検査。
※定期検査の助成は、一部自己負担(2,000円または3,000円)となる場合があります。

 (当院は県の肝炎ウイルス検査業務委託医療機関です。)

初回精密検査の対象者】 詳しくはこちら≫

【定期検査の対象者】 詳しくはこちら≫


個人、企業検診について

個人、企業検診について

各種の検診も行っています。

1)就学時、就職時などに必要な健康診断書
2)事業所の定期健康診断書
3)医学適正検査診断書(JR関係)
4)個人検診など